こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 文学部 国文学科ホーム
  2.  > 教員Profile(西川 貴子)

教員Profile

西川 貴子(にしかわ あつこ)教授

幸田露伴を中心とした近現代文学を研究しています。特に、一つ一つの作品が、発表当時の時代状況・文化的な背景とどのように関わっているのか、という点に興味を持っています。   
神奈川県で育ち、中学・高校と海を見ながら通学していました。そのせいか、海を見ていると飽きません。学生の時はよく近所の海岸で本を読んだり、論文の構想を練ったりしていました。

学生のみなさんに一言・・・
読書も、ある意味で一つの「出会い」だと思っています。一つ一つの出会いを大切に、自分から積極的に向かっていって、たくさん良い出会いをしていって下さい。
岡本綺堂「修禅寺物語」の舞台。

岡本綺堂「修禅寺物語」の舞台。

明治初期では「文学」も「美術」の中の一つと捉えられていました。「文学」と「美術」の関係を考えるのも面白いです。(ちなみにこの絵のモデルは私が昔飼っていた犬です。)
この絵のモデルは私が昔飼っていた犬です
木曽、須原。幸田露伴「風流仏」の碑。
木曽、須原。幸田露伴「風流仏」の碑

好きなことば

「笑う門には福来る」
とにかくなるべく心から思いきり笑うことにしています。

「知るは一時の恥、知らぬは一生の恥」
恥をかこうが、何をしようが、何かを恐れて前に進めないよりも、何かアクションを起して先に進む方がずっと生産的…と思っています。
.