こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 文学部 国文学科ホーム
  2.  > 教員Profile(教員一覧)

教員Profile(教員一覧)

以下の10名が、現在の国文学科の教員スタッフです。古代から近現代に至る日本の文学、および日本語(古典語・現代語)の研究と、幅広い研究の分野を網羅しています。そこで、それぞれが個性的な研究と教育を展開しています。
スタッフの、研究分野とプロフィールを紹介します。
教員氏名職名研究テーマ
垣見 修司教授万葉集、古事記などの上代日本文学を研究しています。
岩坪 健教授『源氏物語』の研究。鎌倉時代から江戸時代にかけて作られた注釈書や梗概書の研究を通して、『源氏物語』の享受の実態を解明したい。
廣田 收教授古代・中世の説話と物語の研究。『源氏物語』や『宇治拾遺物語』などを中心に日本物語文学史を構想したい。
植木 朝子教授中世の歌謡・芸能の研究。院政期の新興歌謡である今様や室町期に流行した小歌の表現について、白拍子の芸能や能・狂言などを視野に入れて考察する。
山田 和人教授江戸時代の芸能や演劇の研究。人形浄瑠璃、歌舞伎、からくりなどの調査・研究を中心に国内・海外の人形芝居の調査活動も行う。
神谷 勝広教授江戸時代の小説の研究。浮世草子、ことに八文字屋本の研究等を中心に、和製類書や注釈書を踏まえた研究を重ねている。
田中 励儀教授近現代文学の研究。主に、幻想文学の研究をしている。ことに泉鏡花を中心に村上春樹、澁澤龍彦等を対象にしている。
瀬崎 圭二准教授近現代文学の研究、特に、消費社会における文学の様相について研究している。
西川 貴子教授幸田露伴を中心とした近現代文学を研究しています。
藤井 俊博教授上代から中世にかけての日本語の歴史について、語彙や文体の歴史を中心に研究している。
山本 佐和子助教中世室町期から近現代に至る日本語の歴史を、語彙や文法を中心に研究しています。
大山 和哉助教江戸時代の堂上和歌研究。江戸時代に入ってもなお、天皇や公家が「なぜ」「どのように」和歌を詠んだかを読み解くべく、和歌の読解を行っている。
.